2015年10月25日

在宅ワークのメリットとデメリット

在宅ワークを行うにあたって、

メリットばかりに目を奪われてはなりません。

デメリットもあるのです。

大きく稼げる可能性のある仕事も

確かに一部分の在宅ワークには存在します。

そうはいっても、在宅ワークにはデメリットがあるのです。

結果が出なければ収入がゼロになることも、

確実にありえるということを、

覚えておかなければなりません。

納期を厳守するなど、自己コントロールできるということも、

在宅ワークをもっと掘り下げていくと重要なこととしてあげられます。

在宅ワークに必要な

パソコン、ファックス、名刺、電話、資料調達などの

経費を自分で負担しなくてはならないなど、

会社に勤めていれば当たり前に支給されていた事がそうではないのです。

在宅ワークは、成果が重要視されます。

在宅ワークの場合、仕事を依頼されたら

納品は必ず期日までにしなければなりません。

仕事を空いた時間を使ってやろうと思っていてもなかなか難しいものです。

やはり締め切り期日までに依頼物をこなすペース配分が重要です。

ライフスタイルを犠牲にしてでも納期を守るようにするべきでしょう。

そして収入が不安定というデメリットが在宅ワークにはあります。

これは仕事を発注する企業側の都合もあり、

仕事が多い時もあれば、仕事が驚くほど少ない期間もありえます。

この不安定な部分が在宅ワークの大変な一面です。

でもこれをデメリットと取るかどうかは、

自分の考え方によるのではないでしょうか。
posted by お仕事ナビ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | SOHO情報起業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
アクセスカウンター
Today:

Yesterday:


タダリスデリヘル 東京出会い無料 出会い系無料 出会い
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。